ピアノ

音楽

アップライトピアノを一戸建ての2階に搬入してもらう方法!

皆さんのお宅にはピアノはありますか?

私が子供の頃は、ピアノがある家庭が多く、近所でよく子供がピアノを練習している音が聞こえたものですが、最近は全然聞かなくなりましたね。

集合住宅だと音の問題もあるからでしょうね。

私は一戸建てに引っ越したのを機に、前から欲しいと思っていたアップライトピアノを買うことにしました。
置きたいのは2階の4.5畳の洋室です。

とても狭い家なので、どうやって2階に搬入してもらうか心配していましたが、無事に設置することができました。

そこで、アップライトピアノをクレーンで2階にあげてもらった時の様子を話したいと思います。

アップライトピアノを一戸建ての2階に搬入してもらう方法

ピアノ運送屋さんに下見に来てもらう

中古のアップライトピアノを調律師さんから20万円で譲ってもらうことが決まり、紹介してもらったピアノ運送屋さんが家に下見に来ました。

我が家は2階建てで、1階はリビングとお風呂、洗面、トイレ。
2階に3部屋あり、そのうちの1部屋をレッスン室にしているので、そこに置きたいと話すと、
「階段からは無理ですね〜。ベランダから入れないと。バラバラにして。」

そうなんです!

レッスン室はベランダ側ではなく、窓も小さいため、直接搬入するのは無理。
なので、ベランダに面している寝室の掃き出し窓からまず寝室に搬入。
寝室からレッスン室への廊下がクランクになっているので、バラさないと通せない。

ということで、我が家の駐車場からクレーンでピアノを2階にあげることになりました。

バラバラになったピアノがクレーンで2階へ

そして、5月の良いお天気の日、ピアノを運ぶ運送屋さん2人と、ピアノを組み立てるピアノ屋さん1人が、バラバラになったピアノと一緒にやって来ました。

バラバラといっても、後ろの縦の部分と前の鍵盤の部分が離れている感じですが(^^;

まず、ピアノが駐車場に置かれ、そこにクレーンがやって来て、吊るされます。

キルティングの布に包まれて、無事に2階に引き上げられました。

そして、廊下を通って寝室からレッスン室へ到着!

部屋で組み立てられる

レッスン室に到着したピアノ本体。横になってます。

手前が上で向こう側が下ですね。よく見るとペダルがあります。

アップライトのピアノの中ってこうなってるんですね!

グランドピアノは屋根を上げると中がよく見えますが、アップライトはこんな風に中を見ることができないので、すごく新鮮です。

そして、ピアノ屋さんは慣れた手つきでピアノを組み立て、

出来上がりです!!

このピアノはヤマハでもカワイでもなく、アトラスという会社のピアノです。

1960年から1986年まであった、国産のピアノメーカーですね。

今回譲ってくだった調律師さんは、ピアノの組み立てもできるそうで、もともとこのアトラスピアノも調律師さん宅にあったものです。

私に譲ってくれるために中の部品を換えたり、調整してくださいました。

古いピアノですが、なかなかいい音がします。
お安く譲っていただいて本当に有り難かったですね。

まとめ

以上、一戸建ての2階にアップライトピアノを搬入した時の様子を書いてみました。

以前、マンションに住んでいた頃は、次に広い所に引っ越したら、防音してピアノを置こうと思っていたので、夢がかなって本当に嬉しかったです。

大切にしないといけないですね。

最初は毎日練習していたのですが、最近、ヴァイオリンの生徒さんの伴奏(簡単なもの)を弾く以外、弾かなくなってしまいました。ダメですねぇ。

1年以上調律してないため、めちゃくちゃ音が狂っていて気持ち悪いので、とりあえず調律師さんに来てもらおうと思います!

2020.9.7

 

-音楽

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5