バレエ

大人バレエのすすめ

私の職場には「バレエ倶楽部」というサークルがあります。

私が主宰し、先生をお呼びしてみんなでレッスンを受けているのですが、

やりたいと思っていても、なかなか参加しようとしない人がいます。

体が硬いからとか、太ってるからとか、年をとってるからとか

多分、世の中にもそういう人は多いんじゃないかと思うので、

そんなことを気にしないで始めてもらえるように記事を書きたいと思います。

大人からバレエを始めたいけど迷ってる方へ

体が硬いから無理じゃない?

バレエはやりたいけど、笑っちゃうほど体が硬いから無理〜

こういう方、よくいらっしゃいます。

もちろん、体が硬い方は大変だとは思いますが、
硬いと言って何もしないと、ずっと硬いままです。

最初から180度足が開く人はいないし、
立って横に足をあげた時に90度上がる人もいないでしょう。

硬いから無理ってことは全然ないです!

太ってるからみっともない

「太ってるからあと少し痩せたらね」と言う方がいますが

そんなこと言ってたら一生できません。

バレエのバーレッスンでは、色々なパ(ステップ)をやりながら、筋肉を鍛えていきます。

バレエをやっている方でも太めの方はいらっしゃいますが、バレエで使うべき筋肉もついてくるので、普通の太ってる方と違うと感じます。

レッスンで汗を流せば、痩せること間違いなし!

レオタードが恥ずかしければ、上にTシャツを着ましょう。

レッスンウェアは色々あって選ぶのも楽しいですよ。

もう歳だから今から始めても・・

それも大丈夫。

60歳以上から始めてる方もいらっしゃいます。

70代になっても踊ってる方もいますし。

もちろん、始める年齢は若ければ若いほど良いですが、バレエは体を使いますが、スポーツではありませんので、その年齢でしかできない表現もあると思います。

何より、バレエをしている人はみんな若いです。
年齢より若く見えます。

もう歳だから、という理由で始めるのをためらっている方は、年齢が高い人が多い教室を選びましょう。

自分より年上の人が美しく踊ってる姿が見られるかもしれません。

バレエを始めると良いこと

姿勢が良くなる

私はちょっと猫背ぎみなのですが、バレエのレッスンに行った後は、姿勢が良くなります。

ずっとスマホを見てたり、パソコンで作業したりしていると、どうしても前かがみになって、首や肩がこりますが、バレエをすると改善します。

全身の筋肉を鍛えられる

ジャンプや回転など、バレエの動きは日常生活には無いものですよね。

普段使わない筋肉も使うので、引き締まった体になります。

体が柔らかくなる

足を伸ばしたり、体を前後に曲げたり、腕を大きく動かしたり・・。

色々なところをストレッチするので、体が柔らかくなります。

最初は辛くても根気よくストレッチすると柔らかくなってきますよ!

お腹の調子が良くなる

バレエって腹筋や背筋をすごく使うんですよね。

ゆっくりした動きや飛んだり跳ねたりの激しい動き。
結構な運動量になります。

当然のことながら代謝も良くなるので、お腹の調子も良くなります。

私はもともとお腹が弱いので、あまり変化がありませんが、便秘の方には効果があるみたいですよ。

頭の体操になる

バレエのレッスンでは、先生が出す順番(ステップの組み合わせ)を覚えて、その後、音楽に合わせて動きます。

最初のうちは、わけが分からなくてパニックになります。

手の動きをつけると更にわけが分からなくなるので、最初のうちは足の動きだけ覚えれば大丈夫です。

わかるようになってからも、ちょっと難しい順番になると

「あれ?次なんだっけ?」になります。

このステップの組み合わせがパズルのようで、頭の体操になります。

バレエやってるとボケないかも!

大人からバレエを始めて戸惑うこと

思うように体が動かないこと

実際やってみると、目と頭ではわかっているのに、体が動かないです。

よく「子供は体で覚える。大人は頭で覚える」と言いますが、

子供はすぐに真似できるのに、大人はできないことが多いです。

子供と比べると本当に悲しくなりますが、これは仕方のないことなので、根気よくレッスンを続けることが大事ですね。

あと、できなくても気にしないことが大切です。

得意不得意は人それぞれ。回るのが不得意な人、ジャンプが不得意な人、色々です。

自分のペースでやっていくのが長続きの秘訣ですね。

パ(ステップ)の名前が覚えられない

バレエの動きには、色々なパ(ステップ)があります。

全てフランス語なので、フランス語を習ったことのない人には
「何?今の言葉?」って感じです。

でも、動きを覚えていけば、自然に言葉も覚えていくので、焦って覚える必要はありません。

どうしても覚えたい方は本もあるので、それで覚えましょう。

バレエ入門
こちらの本は昔からある本で、とてもわかりやすく書かれています。
私も持っていますが、とてもオススメです。

教室での人間関係など

どんな習い事をしてもそうなんですが、
マンツーマンでない限り、必ず自分と合わない人はいるものです。

ずっとそこの教室にいる古株のおばさま達とか。
ライバル心むきだしにしてくる人とか。
先生でもないのに指導してくる人とか。

私は最初に入った教室が、中学生以上が大人クラスで、もちろん小さい頃からやってる子達とは違うクラスでしたが、大人クラスのレッスンにも来るので、そういう子達が来ると恥ずかしくてたまりませんでしたね。

まあそれもいい刺激になって頑張れたんですけど。

大人と言っても20代から70代くらいまでいろんな人がいますし、教室によって全然雰囲気も年齢層も違うので、あまり合わないと思ったら、他の教室の体験レッスンも受けてみるといいと思います。

まとめ

バレエをやってみたい大人の方はたくさんいると思います。

プロになるためには子供の頃からやらないと難しいバレエですが、大人になってから始めても、トウシューズも履けますし、発表会で踊ることもできます。

姿勢が良くなり、筋肉が鍛えられて柔軟な体になります。

頭の体操にもなり、ボケ防止になります。

始めてみると、思うように体が動かなかったり、専門用語が分からなかったり、教室に嫌な人がいたりするかもしれませんが、一度バレエの魅力にハマると、やめられなくなりますよ〜。

素敵な音楽に合わせて体を動かして、若々しく過ごしてみませんか?

-バレエ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5