バレエ

大人バレエ・初めてのレッスンに必要なもの

私は大人になってからバレエを始めました。

子供の頃からやっている人のようには体は動かないし、落ち込むことも多いですが、音楽に合わせて体を動かすことが楽しく、細々と続けています。

私の周りで、最近大人からバレエを始める人が増え、最初のレッスンに何が必要か聞かれることが多いので、この記事を書くことにしました。

ぜひ参考になさってください。

これからバレエを始めようとしている方のお役に立てたら嬉しいです。

バレエのレッスンで必要な身につけるもの

バレエシューズ

バレエシューズはバレエをする上で必須ですね。
バレエショップに行って試し履きをしてから買いましょう。

サイズは普段の靴のサイズより1〜1.5センチ大きめのものが良いです。
よく分からない場合は店員さんに聞くと良いですね。
布製のものが多いですが、革が貼ってあるタイプもあります。

色はピンク、黒、白がありますが、ピンクを履いている人が多いです。

バレエタイツ

バレエタイツも必須です。
たまに素足でバレエシューズを履いている人がいますが、バレエシューズは基本的に洗えないため、タイツを履くのをお勧めします。

タイツといってもソックスやハイソックス、5本指ソックスもありますし、足先のケアが簡単にできる穴あきタイプ(土踏まずあたりに穴があいている)もあります。

タイツの色はメーカーにもよりますが、ピンク、ベージュ、黒、白があります。大体バレエシューズと同じ色のタイツを選ぶ人が多いですね。

レオタードか動きやすい服装

「レオタードなんて体の線が出ちゃうから無理!」と言う方もいらっしゃると思いますが、上にTシャツを着てしまえば大丈夫です。
黒いシンプルなレオタードを1枚持っていると、重ね着もできて便利ですよ。

形はキャミソールタイプや半袖、七分袖、長袖があり、素材も綿、ポリエステル、ナイロン、色々ですね。

私は綿のレオタードを愛用してますが、洗うと色落ちしたり毛玉ができてしまいます。ポリエステルやナイロン製の方がもちが良いです。

初めてのレッスンではレオタードを着てなくてもOKです。
Tシャツにレギンスやスパッツ、ジャージでも良いと思います。

教室に来ている、ほかの生徒さん達のスタイルを参考にすると良いですよ。

チュールレース・ギャザーキャミレオタード

バレエのレッスンにあると便利なもの

髪の毛をまとめられるもの

髪の毛はお団子にするのが基本ですが、とりあえず、ゴムで縛るかバレッタで止めましょう。踊っている最中に髪の毛がバサバサすると気が散るし、見た目もよくありません。

短めで縛れない場合は、ピンなどで止めましょう。

タオル

バレエは見た目は優雅ですが、結構な運動量なので、汗をたくさんかきます。
タオルは忘れずに持っていきましょう。

汗拭きシートがあると、レッスン後、着替える時に使えて便利です。

飲み物

レッスンでは汗をたくさんかくので、飲み物も必要です。ペットボトルか水筒を持っていきましょう。ミネラルウォーターやスポーツドリンク、お茶などがオススメです。

まとめ

バレエレッスンで最低限必要なものをまとめてみました。

最初はシューズとタイツとレオタードだけでOK。
レッスンしていくうちに、あると便利なものも分かってきます。

私の友人で、バレエを始めるためにバレエショップに行ったら、マネキンが着ているレオタードやスカートが気に入ってしまい、「これ全部ください」と言って買ってしまった人がいます。そのマネキンはトウシューズを履いていたらしいのですが、店員さんに「あ、これはそのうち先生の許可が出たら買いに来てくださいね」と言われたそうです。上から下まで全部買ったので結構高かったみたいですが、すごくテンションが上がったようで熱心にレッスンしてました。

小物も可愛いものがたくさんあるので、ぜひバレエショップに行ってみてくださいね。

最初のレッスンでは、順番が覚えられなくてパニックになってしまうと思いますが、段々と覚えられるようになるので、ぜひ頑張って続けてください!

バレエショップ・チャコットのオンラインショップはこちら

-バレエ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5