エンターテイメント

高尾山口駅前バニラスウィート跡地にできる体験型ホテル「タカオネ」とは?オープン・予約情報

新宿から京王線で約1時間、高尾山口駅のすぐ近くに、バニラスウィートというホテルがありましたね。

1990年に開業したこのホテル、いつの間にか閉館してしまいましたが、そのホテルを「体験型ホテル」としてリノベーションすると、2020年10月13日に京王電鉄が発表しました。

コンセプトについては以下のように述べられています。

高尾山口駅から徒歩1分の立地にある旧ホテルをリノベーションし、高尾山エリアの価値向上へとつながる「ホテル」「飲食」「アクティビティの拠点」へと再生します。高尾山は手軽に登山を楽しむ山として多くの方に親しまれておりますが、本施設では「日帰り登山」では味わえない「朝」「昼」「夜」そして「早朝」と様々な時間・風景・自然を楽しむアクティビティや食事を提供しながら、より一層高尾山エリアの魅力を楽しんでいただくことを目指します。

京王電鉄ホームページから引用

ということでしたが、

このたび、このホテルが「タカオネ」として2021年7月にオープンすることが決まりました!

この記事では

・体験型ホテル「タカオネ」とはどんなホテルか?

・予約はいつからできるか?

について、分かっている情報をお伝えしたいと思います。

高尾山口駅前バニラスウィート跡地にできる体験型ホテルとは?

高尾山口駅前ホテル「タカオネ」として2021年7月にオープンすることが決まりました!

開業日 2021年7月
所在地 東京都八王子市高尾町2264-1他(地番)高尾山口駅から徒歩1分
概要 一般的なホテル利用に加え、学生・社会人・サークルなどさまざまな団体の合宿や研修にもおすすめのアクティビティが体験でき、「都心からアクセス抜群でありながら、大自然を満喫できる新しい合宿」として活用できます。さらに、「ワーケーション」など新しい働き方の拠点や、さまざまなコミュニティ拠点としても利用できます。
構造 鉄筋コンクリート造 地上5階
竣工年月 1990年3月13日
延床面積 約2,200㎡(約660坪)(予定)
客室数 28室
収容人数 約172名
設備 食堂、ラウンジ、ミーティングルーム、スタジオ、焚き火・BBQスペース
事業主 京王電鉄株式会社
オペレーション 株式会社R.project

タカオネの場所は?

京王高尾線高尾山口駅から徒歩1分です。
甲州街道沿いにあるので、目につきやすいですね。

高尾山に行ったことのある方は、多分見たことがあると思います。

現在のバニラスウィート跡地。リノベーションされるとどう変わるんでしょうか?

タカオネでどんなことができる?

ホテル・合宿・レストラン・アクティビティ拠点となる施設「タカオネ」は日帰り登山では味わえない高尾山の新しい楽しみ方ができます。

このホテルは、どんなアクティビティができるのでしょうか?

施設内アクティビティ

  • 焚き火
  • バーベキュー
  • 星空鑑賞

施設外アクティビティ

  • 高尾山登山
  • ナイトハイク
  • トレイルラン
  • シャワークライミング
  • トレッキング
  • 御来光登山

このホテルの回りは自然がいっぱいなので、他にもいろいろ体験できそうですね。

予約はいつからできる?

「タカオネ」サイトによりますと、2021年1月13日から15名以上の団体宿泊の予約が開始されています。

14名以下の個人宿泊予約については、2021年4月頃から受付開始予定です。

詳しくはタカオネのサイトをご覧ください。

まとめ

高尾山口駅前のバニラスウィート跡地にできる体験型ホテル「タカオネ」についてご紹介しました。

  • オープンは2021年7月
  • 15名以上の予約はすでに開始されている。
  • 14名以下の個人宿泊予約は2021年4月以降予定。

ホテルというと宿泊はもちろん、カフェやレストランも楽しめますよね。

開業したら、きっと登山帰りの人で賑わうことでしょう。

私はドライブの途中に立ち寄りたいです!

-エンターテイメント

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5