オーケストラ

3ヶ月半ぶりのオーケストラの仕事は「運命」と第九

3ヶ月半ぶりにオーケストラの仕事に行ってきました‼️

今日のお仕事は配信動画の収録だったのですが、

  1. ベートーヴェンの運命の1楽章を、少人数(弦楽器全部で13人)で、2メートル間隔に座って演奏。
  2. 同じ曲を通常より少し離れた間隔で、人数を増やして(弦楽器全部で31人)で弾く。
  3. 第九の合唱の有名な部分(8分の6拍子)のところを、合唱団12人がマスクをして、オーケストラの後ろで歌う
  4. 同じところを、合唱団12人がフェイスシールドをして、ホールのバルコニー席で歌う

この4つの実験でした。

最初の、2メートル間隔で弾くのは、本当に大変でした。

舞台袖に近いところで弾くのは慣れていますが、周りに誰もいないと流石に寂しい感じでした。

それと流石に13人だと音量が足りないですね。

管楽器は減らないので。

次で人数が増えたら、すごくラクに弾けました。

合唱は一つのパートが3人、しかもマスクをしているので、マイクで声をひろっていました。

マスクをしていると、ドイツ語の発音がはっきりしないですね。

フェイスシールドは、マスクのように息が苦しくなることはなかったと思いますが、バルコニー席だったので、舞台が遠くて合わせるのが大変そうでした。

この演奏は後日、東急文化村のホームページで動画配信されるそうです。
良かったらご覧ください!

2020.6.20

こちらの記事で紹介しています。

"新しい生活様式、オーケストラはどうなる ?"という動画に出てます!

6月に収録した、東急文化村の「ブンカムラ チャレンジ」という企画の中の ”新しい生活様式、オーケストラはどうなる ?” という動画が公開されました。 少人数で緊張しながら弾いた「運命」にも参加してます ...

続きを見る

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

-オーケストラ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5