音楽

ヴァイオリンのレンタルって安い?お店に聞いてみた!


いつもお世話になっている調布ヴァイオリンさんへ、久しぶりに行ってきました。

最近、A線が切れやすくなったので、ナットの溝が深くなってしまっている可能性があるらしく、見てもらうことにしたのですが、そういえば何年も調整してもらってなかったです...(^_^;)

結果、指板も削ってもらうことになり、4日ほどお預けとなりました。

指板を削ると少し下がるのでナットも全体的に削ることになり、溝も浅くなるというわけですね。

お店に行ったのも久しぶりだったので、色々と話をしていたら、

「コロナのせいで楽器は売れないですけど、レンタルが増えましたね〜。
外出できないから、家でできる楽器を始めてみようかな〜と思う方が結構いるみたいで。」

なんておっしゃってました。

せっかくなので、レンタルってどんな感じなのか、聞いてみました。

ヴァイオリンのレンタルって安い?高い?

気になるのはまず、レンタル料ですよね?

以前、調べたことがあるのですが、あまり安くはないなぁと思った記憶があります。

もちろん借りる楽器の値段によってレンタル料も変わってくるのですが、ネットで検索してもあまりそういうことは書いてないので、ズバリ聞いちゃいました。

そうしたら

大体10万円の楽器なら月2,000円

20万円の楽器なら月4,000円

30万円の楽器なら月6,000円

という感じで貸しているそうです。

私が思ったより、ずっとリーズナブルな価格でした!

ココに注意

返却時に弦代と弓の毛替え代が別途必要です。
松脂と肩当ては基本的にレンタルできないので、購入する必要があります。

レンタルしたヴァイオリンを買うことはできる?

最初はレンタルで始めて、その楽器を買取したいという方も結構いらっしゃるそうで、その場合は

支払ったレンタル料の7割ぐらいを楽器の値段から引いた額を払えばOK!

な感じだそうです。

例えば、10万円の楽器を1年借りたところで買取する場合は、

レンタル料が 2,000円✕12ヶ月=24,000円 なので、

その7割の16,800円を10万円から引いた額、

83,200円を支払うというイメージです。

これはあくまでも私がざっくり聞いた額で、実際には多少違う可能性もありますので、レンタルの際にお店の方にちゃんと説明してもらってくださいね。

さいごに

ヴァイオリンのレンタルって意外に高くないことがわかりました。

楽器の調整が目的でお店に行ったのですが、レンタルのことを色々聞けて良かったです。

これからヴァイオリンを始めようとしている方がいたら、まずはレンタルをオススメしようかなと思いました。

私もヴィオラのレンタルを検討しようかな...

2021.4.26

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

-音楽

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5