オーケストラ

バレエ「ライモンダ」公演が終了しました!

新国立劇場のバレエ「ライモンダ」全5公演が終了しました。

このバレエを演奏するのはなんと17年ぶり!

その17年前の公演で、初めて全曲を演奏したのですが、とにかく難しかったことは覚えていたので、今回はリハーサルが始まる2週間ぐらい前から譜読みを始めました。

それでもうまく弾けない曲が結構あって、公演が終わる頃にようやくうまく弾けるようになったところもありました(^_^;)

オーケストラのリハーサルが1日しかない!

17年前にやった時は、確かリハーサルも2日はあったような気がするのですが、今回はなんと1日のみ!

頻繁に演奏する機会のある、白鳥の湖や眠りの森の美女、くるみ割り人形、ジゼル、ドン・キホーテなどなら、リハーサルが1日で充分なのですが、ライモンダは滅多にやらないバレエ、それに17年ぶり!

17年前にはまだいなかったメンバーや、出ていなかったメンバーもいるので、1日の練習で大丈夫なわけないですよね...(17年前にやっていても大丈夫じゃないけど)

ヴァイオリンソロの美しい曲

演奏するのは難しい、グラズノフの「ライモンダ」ですが、とにかく旋律が美しいんですよね。

特に1幕に2曲、コンサートマスターがソロを弾く曲があるのですが、どちらもとても素敵な曲です。

この曲の前まで結構難しい曲が続くので、その後にソロを弾くコンマスはすごいなあと、しみじみ思いました。

実は踊ったことがある曲も!

実は私はバレエの発表会で3幕のハンガリーの踊りを踊ったことがあります。

この曲を初めて演奏した17年前より更に前ですが、バレエを習いだして初めて出た発表会でした。

なので、特に思い出深いバレエでもあります。

まあ、踊りというレベルではなかったんですけど。

今でもバレエは細々と続けているのですが、残念ながらライモンダのヴァリエーションが踊れるレベルには達せそうもないです。

さいごに

今回本当に久しぶりに「ライモンダ」を演奏して、グラズノフの素晴らしさがよりわかった気がします。

もしかしたらこの先もう演奏する機会がないかもしれないので、今回演奏できたことは幸運でした。

チャイコフスキーのバレエのように有名ではないですが、もっとこの素晴らしいバレエ音楽をたくさんの人に知ってほしいなと思っています。

2021.6.15

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

-オーケストラ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5