オーケストラ

2017年5月前半のオーケストラお仕事

もう梅雨の季節になってしまいましたが、5月の仕事を振り返ってみたいと思います。

5月の最初はまず、新国立劇場のバレエ公演「眠れる森の美女」でした。

前の仕事(美女と野獣)から美女つながりですね(^^)

チャイコフスキーの3大バレエの中でも一番公演時間が長く、ダンサーにとっても過酷だと言われる作品ですね。

2年ぶりくらいに演奏しましたが、やはり良い曲です。でも3幕がもう少し短いとなお良いのですが…(^_^;)

そしてその次の仕事は、バッティストーニ指揮の定期演奏会。

今回のメインはストラヴィンスキーの「春の祭典」でした。

今度はバレエつながりですね(^^)

前半はヴェルディのオペラ「オテロ」3幕より舞曲、ザンドナーイのオペラ「ジュリエッタとロメオ」舞曲でした。

オテロ自体は何度も演奏しているのですが、オペラ上演の時はいつもカットされてしまう舞曲ですが、なかなかいい曲です(^^)

ザンドナーイ、実は名前も知りませんでした(^_^;)

ロメオとジュリエット、略してロメジュリは沢山の作曲家が手がけていますが、この方の場合はジュリエッタとロメオ、略してジュリロメ…!

あまり演奏されないだけあって、名曲とは思えない感じでした(^◇^;)
ザンドナーイさんごめんなさい...。

5月のお仕事、後半に続きます。

2017年6月20日

 

-オーケストラ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5