ヴァイオリン教室 日記

先生へのレッスン代の渡し方は?

レッスンの時、先生にレッスン代はどのように渡していますか?

教室から月謝袋をいただいてる場合や、レッスン代が振込の場合は問題ないですが、先生に直接渡す時の方法です。

私の教室はワンレッスン制なので、その都度レッスン代をいただいているのですが、以前は毎回新しい封筒に入れていただいていました。

だんだん生徒さんが増えると、いただいた封筒が溜まってしまって、捨てるのも勿体ないので再利用したりしていました。

次回のレッスン日時が書き込める封筒

3年前ぐらいから来るようになった生徒さんが、2〜3回めのレッスンの時に

「これ、作ってみたんですが」

と言って、四角いマスの表(縦8✕横4ぐらい)を貼り付けた封筒に、レッスン代を入れてくださいました。

「この表に次回のレッスンの日時を書いてくださいますか?」

と言われ、少々驚いたのですが、

「なるほど...これはなかなかいいやり方だ!」

と思い、以後その封筒を使わせていただいてます。

この方法だとその場でレッスン代を確かめることができるし(たまにレッスン代を間違える方もいたりするので)、次回のレッスンの日時を書き込むことで、レッスン日の勘違いもなくなるので、一石二鳥ですね。

セリアの月謝袋

他の生徒さんにも、表を貼り付けた封筒を渡せればと思ったのですが、表を作ったり貼ったりするのが少々面倒くさいので、そういう封筒が売っていないかと探していたら、セリアで可愛い月謝袋を見つけました。

月謝袋なので12回しか使えませんが、だいたい1ヶ月2回レッスンの生徒さんが多いので半年は使えます!

そのぐらい使うと結構ボロくなってくるのでちょうどいいですね。

写真のものはバラの模様ですが、猫の模様のもあります。

おつりありますか?と聞かれ...

以前レッスンに来ていた大人の方で、毎回お財布から直接お金を出して、レッスン代を払う方がいて、それだけでも結構びっくりしていたのですが、ある時、

「あ〜大きいお札しかないんですけど、先生、おつりありますか?」

と聞かれ、相当びっくりしたことがあります。

しかもその時だけではなく、その後何回もそういうことがあったので、ついに

「おつりは困るので、ちょうど持ってきていただけますか?」

とお願いしたら、さすがに大きいお札を出してくることは無くなりました。

その方は数年前におやめになりましたので、今は現金そのまま払う方はいませんね。

オンラインレッスンの時

昨年の緊急事態宣言の時はオンラインレッスンにしていたので、レッスン代はPayPayやLINEPayなどでいただいていました。

以前なら、銀行振込するしかなかったでしょうが、便利な世の中になりましたよね。

というか、数年前ならオンラインレッスンそのものが難しかったかもしれませんが。

さいごに

月謝袋がない場合のレッスン代の渡し方について記してみました。

私が学生だった頃は、毎回封筒に入れて先生に渡していたので、それが当たり前だと思っていましたが、今はそうでもないのかもしれませんね。

レッスン代でなくても、誰かにお金を渡す時にポチ袋に入れたり、ちょっと綺麗な封筒に入れると、受け取る方としては、なんとなく気分がいいのではないでしょうか?

ちょっとした心遣いって大切ですよね。

2021.5.15

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

-ヴァイオリン教室, 日記

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5