オーケストラ

日本武道館で渡辺真知子さん、大橋純子さん、サーカスと共演!

東日本大震災から10年目の2021年3月11日。

日本武道館で、"わ”で奏でる東日本応援コンサートが開催されました。

コロナウィルス感染症予防のため、残念ながら無観客でライブ配信となってしまいましたが、
素晴らしいゲストの皆さんと共演でき、忘れられないコンサートとなりました。

なかでも感動したのが、渡辺真知子さん、大橋純子さん、サーカスの皆さんとの共演です。

「かもめが翔んだ日」の渡辺真知子さん

渡辺真知子さんと言えば、「迷い道」でデビューした時から、素晴らしい歌唱力でたくさんの人を魅了してきた方で、2作目の「かもめが翔んだ日」はレコード大賞最優秀新人賞も受賞されてます。

あの頃、すごく流行りましたよね〜(これを言うと年がばれちゃいますが)

渡辺真知子さんは洗足学園短大出身で、「さすがに声楽科出身の人は違うな〜」と思った記憶があります。

今回、「かもめが翔んだ日」を共演しましたが、歌唱力は昔のまま!すごいな〜と思いました。

「シルエット・ロマンス」の大橋純子さん

大橋純子さんは、渡辺真知子さんよりも6つ年上の、なんと70歳!

私の記憶では、ショートカットで大人な感じのしっとりした歌を歌う人、です。

最初、オーケストラだけで「シルエット・ロマンス」を練習した時に、曲を思い出せなかったのですが、サビの「ああ、あなたに恋心盗まれて〜もっとロマンス、私に仕掛けてきて」のところで思い出しました!

当時すごく流行ったんですよね〜この曲も。

大橋純子さんは病気で1年間闘病生活をされていたそうで、元々細い体がもっと細くなっちゃった感じがしましたが、歌は変わらずに素晴らしくてすごく感動しました。

「アメリカン・フィーリング」のサーカス

歌手の皆さんとの合わせの時、サーカスの皆さんがリハーサル室に入ってきて、最初に「あれ?」と思ったのは、前と随分メンバーが変わってしまったからでした。

デビューした時は確か姉弟と従姉妹の4人だったんですよね。

それが従姉妹さんが結婚して辞めて、代わりに入った方と下の弟さんが結婚したところまでは知っていたんですが、弟さん夫婦が独立したんですね。

そして上の弟さんのお嬢さんと、オーディションで選ばれた方が加わって、今のメンバーになったようです。2013年から今のメンバーだそうで、最近じゃなかったんですね。知りませんでした。

(ウィキペディアを見たら、他にもメンバーが入れ替わっていたことがあったようです)

アメリカン・フィーリング」もすごく流行った曲で、CMで流れていた記憶がありましたが、調べてみたら、JALのCMに使われていました。

メンバーは変わっても、4人のハーモニーは美しくて、すごく楽しく演奏することができました。

 

他にも何曲か演奏したのですが、この3曲が本当に楽しくてノリノリで演奏してしまいました。
70年代の曲、またやりたいです!!

テレビ放送予定

このコンサートには他にも、辻井伸行さん(ピアノ)、サラ・オレインさん(歌・ヴァイオリン)、小林沙羅さん(ソプラノ)、上野耕平さん(サックス)、宮川彬良さん(編曲・ピアノ・指揮)が出演されました。

後日、テレビで放映されますので、ぜひご覧ください!

放送予定はこちらのページでご確認くださいね →"わ”で奏でる東日本応援コンサート放送予定

あとがき

このコンサートで70年代の名曲を思い出し、ついつい口ずさんでしまうようになった私は、とうとうPokekaraアプリをインストールしてしまいました!

採点機能まで付いているんですね〜すごい!

これがあれば、カラオケルームに行く必要ないですね。

最近全然歌っていなかったので、高い声が出なくなっていてショックですが、毎日1回は歌っているので、また出るようになると思います。

昭和歌謡バンザイ!

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

-オーケストラ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5