オーケストラ

オペレッタ「こうもり」千穐楽

新国立劇場オペレッタ「こうもり」全5公演無事終わりました❗️

11月下旬から始まった、オペレッタ「こうもり」
J・シュトラウス作曲の楽しいオペレッタです。

「こうもり」を弾くのは3年ぶり。
前回は日比谷の日生劇場で二期会の公演でした。

「こうもり」は元々ドイツ語で書かれていますが、日本で上演するときは、

  • 歌もお芝居も日本語
  • 歌はドイツ語でお芝居は日本語
  • 歌もお芝居もドイツ語

の3種類です。

今回の新国立劇場の公演では、歌もお芝居もドイツ語で、日本語と英語の字幕が出てました。

全部ドイツ語なのが本物なんでしょうが、私としては歌だけドイツ語でお芝居は日本語が好みです。

ドイツ語だと、笑えるセリフを言う前に字幕が出てしまい、お客さんの笑うタイミングがズレるんですよね。
それがちょっともどかしいです。

全部日本語だと、歌がちょっとダサい感じになる気がするんですよ。
わかりやすくていいんですけどね。

ともあれ、今回の公演では、指揮者もソリストも素晴らしく、とても楽しかったです。

2幕3幕が続きで100分というのがちょっと辛かったです。途中でトイレに行きたくなるので…。

この後はバレエ「くるみ割り人形」が始まります。
なんと私、全幕弾くのは20年ぶりぐらい!

土日が全て2回ずつの公演で体力勝負になりそうですが、体調に気をつけて頑張ります‼️

2020.12.6

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

-オーケストラ

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5