日記 自分のこと

コロナに感染してしまいました

なんと人生初のコロナ感染症にかかってしまいました!

しかも夫婦揃って。

2人ともワクチンを1回も打っていなかったのでちょっと心配だったのですが、おかげさまで重症にならずに済みました。

コロナの症状

喉の違和感

先に症状が出たのは主人のほうで、熱が出る前から喉が痛いと言っていました。

普段からしょっちゅう風邪っぽくなる人で、よく葛根湯を服用しているので、いつものことだと楽観視していたのが間違いだったようです。

喉の痛みとともに熱も出てきたと言って、市販の風邪薬を飲み始めました。

この頃私はほとんど何も症状がなかったのですが、だんだん喉の奥のほうに違和感を感じるようになってきました。

主人はどんどん具合が悪くなって寝込み出しました。

突然の発熱

喉の違和感を感じてからちょうど1日たった頃、突然体のだるさと寒気が襲ってきて、熱を測ると37,5度ぐらいあったので、これはまずいと思い、水分と冷えピタを持ってベッドに入りました。

その後はどんどん熱が上がってきて、あっという間に38度超え。

このあとまる二日間は38〜39度の熱が下がりませんでした。

喉の激痛

熱が出始めてから、喉の違和感が痛みへと変わり、だんだん酷くなってきました。

水を飲むだけでもズキーンとするので、水以外はゼリードリンクぐらいしか飲めなかったです。

あまりにも痛いのと熱が高くてしんどかったので、主人と同じ風邪薬を飲んでしのぎました。

激しい咳

熱が出始めて3日目の朝、ようやく37度台まで下がったので、近所の発熱外来がある医者に行くと、鼻に細い棒を突っ込まれる抗原検査をされ、その場で陽性と診断されました。

熱が出ている間は、ほとんど咳が出なかったのですが、下がった途端に痰と咳が激しく出ました。

今までこんなに痰が出たことがないというくらい酷くて、夜も何度も目が覚めました。

対処法

病院ではカロナール、要するに痛み止め・解熱剤しか処方してくれなかったので、咳と喉の痛みが辛すぎて、なんとかならないかと思い、薬剤師をやっているバレエの先生にメールで相談しました(先生は昼間は薬剤師として薬局に勤務、夜はバレエの先生をしているのです)

そしたら漢方薬の麦門冬湯がいいんじゃないかということで、喉の痛みに効く甘草湯と一緒にネットで注文しました。

この薬のおかげか3日目には随分楽になってきました。

自宅療養期間

発熱外来に行って陽性と診断され、発症した日から10日間は自宅療養となり、家から出られなくなってしまいました。

保健所から携帯にメールが来て、毎日健康観察システムにアクセスして気温や体調、パルスオキシメーター(自宅療養サポートセンターが貸してくれます)で測った血中酸素濃度を記録することになりました。

パルスオキシメーター

これが93%以下になるとヤバいらしいですが、毎回98%で全く問題なかったです。

買い物には行けないので、自宅療養サポートセンターにお願いして食料品を送ってもらいました。

なんと1人につき段ボール2箱分のレトルト食品と、ミネラルウォーター6本が送られてきました。

都からの食料品

都からの食料品

カップ麺、スパゲッティ、カレー、カロリーメイト(ドリンクと固形) 、ゼリー、缶詰、ポカリスエット、野菜ジュースなど。

もちろん、これを毎日食べるというわけにもいかないので、あとはネットスーパーを3回ぐらい利用しました。ネットスーパー有り難いですね!

後遺症

発症してから10日で自宅療養期間が終わり、私より症状が軽かった主人は仕事に復帰しましたが、私は相当体力が落ちてしまい、体力が回復するまで時間がかかりました。

後遺症というほどのものではないかもしれませんが、嗅覚障害が少し出てしまい、一時は臭いものがあまりわからなかったです。

もしかしてずっとこのままなんだろうか...と不安になっていたある日、猫の排泄物が臭いのに気がついて、臭いのがわかったのがすごく嬉しかったです。

それと発症から2週間以上たっても、まだ咳が出るし、なんとなく鼻もスッキリしません。

全く症状がなくなるまでどのくらいかかるんでしょう?!

さいごに

新型コロナウイルス感染症にかかってしまった私の体験を記しました。

もしかしてワクチンを接種していたら、もう少し症状が軽かったのかもしれませんが、とりあえず重症化しなくてよかったです。

あとになって後遺症が出る場合もあるらしいので、無理をしないように充分気をつけて過ごそうと思います。

2022.4.23

-日記, 自分のこと

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5