音楽

ヴァイオリンの弓を持つ位置がズレていってしまう場合の対処法

ヴァイオリンの弓の持ち方って難しいですよね。

ようやく持てるようになっても、左手の動きが複雑になってきて、そっちに気を取られていると、

「あれ?」

いつの間にか弓を持ってる位置が上のほうにズレてる!

そういうこと、ありませんか?

私の生徒にも、そういう方がいるので、原因と対策を考えてみました。

  • なぜ弓を持つ位置がズレていってしまうのか?
  • ズレていかないようにするためにはどうするか?
  • ズレていかないためのお助けグッズは?

このあたりを紹介していきたいと思います。

なぜ弓を持つ位置がズレていってしまうのか?

弾いているうちに、弓を持つ位置がズレていってしまう原因として、考えられることをあげてみました。

親指の位置が違っている

親指の位置が間違っていて、最初から上のほうを持っていたり、わくの中に入っていたりすると、右手全体でズレていってしまう可能性があります。

位置だけでなく親指の向きも正しいかチェックしましょう。

指と指の間隔が狭すぎる

親指以外の指がくっついてしまっていると、安定しないのでズレやすいですね。

小指の先の意識がない

小指の先の意識って意外にないですよね?

いつも弓から離れてしまっていたり、弓についていても、そりかえったりしてませんか?

弓先に行った時に離れてしまうのは仕方がないですが、ずっと離したままにしていると、ズレの原因になりますね。

人差し指が深すぎる

人差し指が深すぎて、根本のほうが弓についている感じになると、滑りやすくなるのでズレやすくなります。

こういう感じで持つと、肩や肘も上がってしまいますね。

弓を持つ位置がズレないようにするには?

では、具体的にどのようにすれば弓を持つ位置がズレないのでしょうか?

親指の位置と方向を正しく持つ

正しい親指の位置はここです。

黒いサムグリップとフロッグの間のところです。

親指が真下を向かないようにしましょう。

こんな感じになります。

指と指の間隔をほどよくあける

手の大きさによっても違うと思いますが、親指以外の指はくっつけず、ほどよい間隔をあけて持つといいです。

それと薬指をちょっと深めにすると安定します。

小指の先を感じる

小指の先がちゃんと弓についている感覚があると、ズレにくくなります。

小指の曲げ伸ばしができると、滑らかに弓をかえすことができますので、突っ張ったままにならないようにしましょう。

人差し指を深くしない

人差し指は第1関節と第2関節の間ぐらいのところにいくようにします。

親指の向きが違うと人差し指が深くなってしまうので注意しましょう。

弓を持つ位置がズレないようにするためのお助けグッズは?

ヴァイオリンを始めたばかりの方は、弓を正しく持てず、位置がズレてしまうことが多いと思います。そういう場合はお助けグッズを使うのも一つの手ですね。

弓を正しく持つための矯正器具はいくつかありますが、私の生徒が使っていたものを紹介します。

 

弓のスクリュー(ネジ)を外して装着します。
人差し指と中指で挟む部分と小指を置く部分に分かれています。

付けたままだと弓がケースに入らないのが欠点です

一体型になったタイプもあります。


 

他に、小指の位置だけが固定されるものもあります。


装着が簡単なのが良いですね。

以前、足のまめに貼るパッドを弓に貼って、そこに小指を入れるようにしていた方がいました。

100円ショップに売っているのでお手軽ですが、よく剥がれるのと、剥がした後がベトベトになっちゃうのが難点ですね。

まとめ

ヴァイオリンを弾いているうちに弓を持っている位置がズレてしまう場合の、対処法について考えてみました。

  • 親指の位置と向きを正しく持つ。
  • 親指以外の4本の指をくっつけ過ぎない。
  • 小指がちゃんと弓の上にのっているか、指先を意識する。
  • 人差し指が深すぎないように持つ。
  • 弓の持ち方を矯正するグッズを利用するのも良い。

他にも原因や対策があるかもしれませんが、ズレてしまう方は、弓の持ち方を見直してみてはいかがでしょうか?

色々試してもうまくいかない方、弓の持ち方以外でもお悩みがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

2021.4.28

ヴァイオリンお悩み相談窓口やってます!

 

 

-音楽

© 2022 ぴおりんブログ Powered by AFFINGER5